L−ドーパ

 本来はパーキンソン病に使われる神経伝達物質ドーパミン産生薬物。
 脳関門通過後ドーパミンとなり成長ホルモン分泌を促し、プロラクチン(性欲低下・勃起不全の原因ホルモン)の分泌抑制をする。勃起不全・早漏・精液漏の症状改善、精子数と精子運動性の改善が報告されている。

動画 アダルト動画 ライブチャット