ミルミン酸

 ハチ・アリ類は脂肪酸の一種、生理活性阻害物質(脂肪酸 C=8〜10)を分泌し、巣の清潔・食料の腐敗・女王蜂は精子の長寿命化を図っている。葉切りアリは生理活性阻害物質(ミルミカシン)を用い巣内部で食料茸の生育をコントロールしている。ハチ・アリ類は処女飛行を行い交尾する。雄は性嚢部を♀に付けたまま残骸は落下、その性嚢を違う♂が掻き取り後交尾して性嚢を取られ落下する。数匹がこれを繰り返すそうだ。ある研究によると最後に交尾した♂精子から使われるという。♀は貯性嚢器官分泌物で精子を仮死状態にして3〜4年にわたり卵に埋め込める精子を保存するという。
 生理活性阻害物質は菌類を殺すのでなく、増殖を休ませる働きであり、DNAに簡単に付着と剥離をする結合力の弱いもの、遺伝子に直結した働きを持っていることは容易に理解でき、この脂肪酸類をミルミン酸と総称する。

動画 アダルト動画 ライブチャット