四目屋リンク・代替療法事典(http://www.geocities.jp/tyubee/)
臓腑弁証

 五臓六腑とは、臓器の機能と生命を支える生理機能を含くんでおり、各臓器と器官は影響し合い、作用を補ったり抑制しています。
 臓腑弁証(中医診断法)は内臓の状態から病気や不調の原因を探り出すもので、五臓六腑について弁証を行います。中医の五臓六腑は個々の臓器を指すのではなく、生理機能(呼吸・血液循環・新陳代謝など)を含んだ生命維持システム全体を意味しています。
五臓 (心・肺・肝・脾・腎)    六腑 (大腸・小腸・胆・胃・三焦・膀胱)


治療対象となる患者の体質や人間像を漢方では 「証」 と呼び
証に合わせ治療 (対証療法) を行います
 世の中にある事物は全て二つの側面を持っている (黄帝内経) と考えています
一つは物質的な面、一つは機能的な面
例として 心臓では
物質=筋肉
血液血管
機能=血液の循環 となります
漢方の語彙では、物質を 形 (けい)
血 (けつ)
機能を 気 (き) と言い表しています

@心の生理機能
 心臓の循環機能(血液循環)だけでなく、大脳皮質における精神意識活動及び自律神経系の機能も含んでいます。心の生理機能である気血の流通が精神状態と密接な関係を持っていることから、大脳の働きである精神・意識・思考なども心の働きと捉えています。また、舌には血管が密集していることから、心の不調は舌に現れると考えられています。
◇血液(血脈)の循環系の機能を司る
◇大脳の働きである精神的な活動を支配する
◇睡眠、心臓・血管系の機能をコントロールする
*心(裏)と小腸(表)は、経絡(気血の通り道)を通じて表裏の関係にあり、相互に影響を及ぼしている
    □動悸や息切れがする
    □脈が乱れたり、時々止まったりする    
    □寝つきが悪く、途中でよく目が覚める
    □物忘れしやすく、記憶力が低下している
    □心臓部や胸の辺りに痛みを感じる
    □左の肩や肩甲骨にこりや痛み、痺れがある
    □爪の色が黒ずむことがある
    □ろれつが悪く、発音がはっきりしない
    □舌の色が紫色、または紫色の斑点がある
    □少しの運動でもすぐに汗をかく

A肺の生理機能
 現代医学でいう呼吸器系の機能だけでなく、発汗や毛穴の開閉などによる体温調節機能や体液代謝機能、気血の運行、ウイルスなどの侵入を防ぐ免疫機能の一部を担っています。中医学では、肺臓以外に皮膚や鼻、喉、気管支などの働きも含んでいます。また、鼻や喉は空気の通り道であることから、肺の不調は鼻や喉に現れやすいと考えられています。
◇呼吸器系の機能を司る
◇皮膚や鼻、喉、気管支、肺臓などをコントロールする
◇感染症などを防ぐ免疫機能を持つ
◇体内の水分の調節をはかる体液代謝機能を持つ
◇毛穴の開閉や発汗による体温調節機能を持つ
*肺(裏)と大腸(表)は、肺経(肺に最も深い関係がある経絡)を通じて表裏関係にある
    □咳が出やすい
    □痰が出たり、からんだりする
    □鼻が詰まったり、鼻水が出たりする
    □喉が腫れたり、痛んだりしやすい
    □咳込みやすい
    □風邪を引きやすい
    □皮膚が弱く、かぶれやすい
    □汗をかきやすい
    □気管支炎や気管支喘息などの疾患がある
    □アレルギー性疾患にかかりやすい

B肝の生理機能
血液の貯蔵機能や血液量の調節機能の他、新陳代謝、情緒の安定、種々の器官の機能調節、胆汁の分泌などの機能があると考えられています。中枢神経系・自律神経系・循環器系などの作用を併せ持ち、肝の働きがが低下すると不眠やイライラなどの症状が現れます。また、肝は目と特に密接な関係があるため、視力低下や眼精疲労などの目の症状には肝の弁証が行われます。
◇新陳代謝のコントロール。
◇栄養分を運び、老廃物を回収する
◇血液の蔵血機能や血液量の調節機能を司る
◇筋腱、筋膜、じん帯、爪、目の機能を調節する
◇諸器官の機能調節を行う
◇情緒の安定などの自律神経系に関与する
*肝(裏)と胆(表)は、肝経(肝に最も関係の深い経絡)を通じて表裏関係にあり、胆嚢の働きは肝の機能に左右される
    □イライラしやすく怒りやすい
    □寝つきが悪く、眠りが浅い
    □目の疲れや充血、かすみ、渇き、痛みがある
    □筋肉のこわばりやひきつれ、痙攣などがある
    □爪がもろく割れやすい、表面が凸凹している
    □わき腹や胸の周辺がはって苦しい
    □顔色が青白い
    □食欲にムラがあり、便秘と下痢を繰り返す
    □神経性の胃腸障害がある
    □月経不順、月経前にイライラしやすい

C脾の生理機能
 主に飲食物の消化・吸収などの消化器系の機能を司っています。血管を保護する役割もあり、血尿や皮下出血など、血液が血管の外に出ないように統率する他、内臓下垂を防ぐ昇清作用もあります。また、痺の機能が低下すると味覚異常や口内炎、口臭など、口に症状が現れやすいと考えられています。
◇消化器系の機能を司る
◇血液の運行をコントロールする(血尿・血便・皮下出血・月経過多などを防ぐ)
◇全身の肌肉や筋肉、血管を養う機能を持つ
◇胃下垂などの内臓下垂を防ぐ昇清作用がある
*脾(裏)と胃(表)は経絡を通じて表裏関係にある
    □食欲がなく、少食傾向
    □口内炎ができやすい
    □口の中がべたつきやすく口臭がある
    □お腹がもたれやすい
    □下痢をしやすい
    □手足がだるく、力が弱い
    □胃下垂、子宮下垂、脱腸、脱肛がある
    □アザ(内出血班)ができやすい
    □月経量が多かったり、止まりにくい
    □皮膚の色が黄色っぽい


D腎の生理機能

 生命エネルギーの貯蔵庫と考えられています。生殖器系、ホルモン系、中枢神経系、造血系などの機能を含み、全身の成長と発育、排卵や月経などの生殖機能を持っているため、慢性病や更年期障害、不妊などの疾患は腎の弁証が行われます。聴力は腎と関係があり、腎の働きが弱くなると耳鳴りなどの症状が現れます。
生命エネルギーの貯蔵庫
全身の成長と発育を促進する機能を持つ
排卵や月経、精子、妊娠などの生殖機能を司る
体内の水分を管理して尿を排泄する(泌尿器系)
空気を深く体内に吸い込む納気作用を持つ
*腎(裏)と膀胱(表)は表裏関係にあり、尿量の調節や排泄など、膀胱の機能に影響を与える
    □尿の出が悪い、頻尿傾向、残尿感がある
    □足腰がだるく、腰痛がおきやすい
    □精力減退、インポテンツ、不妊
    □骨がもろく、骨折しやすい、骨粗鬆症
    □歯が弱く、虫歯になりやすい
    □年齢不相応に脱毛や白髪が多い
    □聴力の低下や耳鳴りがある  
    □足腰の冷え、または手足のほてり
    □午後になると微熱が出やすい
    □病気になりやすく治りにくい



● ●●● ● 資 料 ● ●●● ●

自然界が健康に影響を及ぼす六つの外邪 「六淫(邪)」
 病気を引き起こす原因には、体質・生活習慣・ウイルス・細菌などですが、中医では自然環境も病気を引き起こす外的要因の一つと考えています。
 中医では、気象状況を表すのに「六気(ろっき)」と呼ばれる「風(ふう)・寒(かん)・暑(しょ)・湿(しつ)・燥(そう)・火(か)」という六つの現象に大別しています。この六気が病気を誘因する原因となる場合を特に「六淫(邪)」と呼び、人体を外側から侵す「外じ邪」という意味で、それぞれ「風邪・寒邪・暑邪・湿邪・燥邪・火邪」といいます。
 一般的には、春一番が吹く風の強い春は風邪、暑い夏は暑邪(高温多湿の日本の場合は湿邪や火邪も含む)、乾燥する秋は燥邪、寒い冬は寒邪の影響を受けた病気が多く発症します。つまり、季節によって、起こりやすい病気や症状があることになります。その季節の旬の食べ物が健康に役立つといわれるのは、季節によって変わる外邪から身を守ったり、影響を受けやすい臓器や機能を養ったりする働きがあるためです。

六淫(邪)の特徴


@「風邪」
 風邪の特性と同様に症状が変化しやすく、流行性で発症の範囲も広く多種多様な症状が現れるのが特徴です。主な症状に、頭痛、喉や関節の痛み、発熱悪寒、発汗、筋肉痛、くしゃみなどがあります。

A「寒邪」
 寒冷に夜影響で人体の陽気を奪って機能低下を起こし、寒気などの寒性の諸症状が強く現れるのが特徴です。主な症状は、悪寒、四肢の冷え、鼻水、頻尿や下痢、白い痰、顔色が青白い、舌の苔が白い、関節や筋肉のこわばりなど。
◇顔色が青白く、寒気がして手足が冷たい。鼻水は薄く、痰は白くて薄いものが出る。……「熱」性の「麻黄湯」などを与える。

B「暑邪」
 他の外邪に比べて季節性が明確で、高温多湿の夏に限られるのが特徴です。また、暑邪の他に、熱や湿と結びついた「暑熱・暑湿」の二つのタイプがあります。「暑熱」の主な原因は、高熱、口の渇き、胸苦しいなど。「暑湿」の症状には、微熱、倦怠感、食欲不振、下痢などがあります。
◇顔色が赤く、舌は赤く苔が黄色を呈す。鼻は詰まり、鼻水はネバネバ、尿は茶色。………「寒」性の「銀翹散(ぎんぎょうさん)」などを与える。


C「湿邪」
 外気の湿度が多い時期に発生するのが特徴です。湿邪の性質は、重くて粘っこく、湿気を帯びて停滞する性質を持っています。主な症状に、食欲不振、お腹の張り、口の粘り、軟便、むくみ、体が重くてだるい、湿疹、水疱、固定性の痛み、関節や筋肉のこわばりなどがあります。

D「燥邪」
 気候が乾燥する地域や秋に多く、主に肺(呼吸器・免疫系)に症状が現れるのが特徴です。主な症状に鼻孔や口の乾燥、空咳、肌の乾燥、便秘などがあります。

E「火邪」
熱性の症状が現れるのが特徴。主な症状は高熱、目の充血、喉の腫れ、口の渇き、疼痛、顔面紅潮、イライラなどです。



八綱弁証

 患者さんから得た情報を分析し、総合的な治療方針を決定するまでの中医の判断基準の一つに「八綱弁証」があります。これは中医の基礎にもなっている陰陽説を応用した分析法で、病気の部位や性質、抵抗力と邪気の関係を判断する基本的な基準です。

表裏・感熱・虚実・陰陽 で病気判断
 中医では、診察(四診)によって集めた情報をもとに、病気の原因を究明し、総合的に検討して治療法を決めることを「弁証論治(べんしょうろんち)」と言います。ここでいう「証」とは、単に症状だけではなく、発病の原因や臨床的な症状、体質など総合的な情報を意味します。現代医学が疾患のある特定の器官や細胞などの細部に注目して病名を決定するのに対して、中医では体質も含めた全体で判断するのが特徴です。

 弁証論治を行うための最も基本的な尺度が「八綱弁証」です。これは陰陽説を応用した判断基準で、八綱とは「表裏・寒熱・虚実・陰陽」の8つの基準を指します。

@「表裏」病気の位置
 「表裏」とは、病気の位置が体の浅い所にあるのか、深い所にあるのかを判断するものです。皮膚や粘膜などの体表部が病邪に侵されている場合を「表証」と呼び、内臓を中心とした深い場所が侵されている場合を「裏証」と呼びます。一般的に病気は浅い部分から深い場所へと進む傾向があります。

A「寒熱」病気の性質
 「寒熱」は、臨床症状からその病気が、寒性(寒証)のものなのか、熱性(熱証)のものなのか、病気の性質を判断するものです。ただし、寒熱は、実際の体温と必ずしも一致するものではなく、体温が高くても患者さんが悪寒を感じたり、温かい飲み物を欲したりする場合は、寒証と判断する場合もあります。

B「虚実」免疫力と邪気の関係

「虚実」とは、抵抗力(正気)と健康を害する要素(邪気)のパワーバランスを判定するものです。抵抗力が弱まっていることが原因で、病的な状態に陥っている場合を「虚証」と呼び、抵抗力はあるのに邪気が過剰なために病的な状態になっている場合を「実証」と呼びます。一般的に虚弱体質または慢性的な病気を持っている人は虚証の場合が多く、体力がある人が病気にかかった場合、初期については実証タイプが多いのが特徴です。
 また、虚証とは健康の基本である陰液「血(血液)・津液(体液)」、陽気「気(エネルギー)」のいずれかが不足した状態を指します。虚証は大別すると、血液が不足した「血虚」、陰液が不足した「陰虚」、気が不足した「気虚」、陽気が不足した「陽虚」の4つに分かれます。
 ただし、陰液と陽気は密接な関係にあるため、「気血両虚」や「陰陽両虚」など両方の症状が現れる場合もあります。

C「陰陽」の判断
 「八綱弁証」では「表裏・寒熱・虚実」の判定を基に、最終的に陰か陽かの判断をします。「裏・寒・虚」は陰の性質に属し、「表・熱・実」は陽の性質に属します。


動画 アダルト動画 ライブチャット