山茱萸(さんしゅゆ)

 ミズキ科ミズキ属サンシュユの果肉。10〜11月に赤熟果実を採取、熱湯に浸して取り出してから半乾燥させ、種子を除き天日乾燥する。
 成分は、モノテルペン配糖体・トリペノイド・サポニン・リンゴ酸など。
 薬理作用は、利尿・血圧降下・抗菌(黄色ブドウ球菌・皮膚真菌)・抗ヒスタミン・抗アセチルコリン・小腸自動運動抑制作用を示し、滋養強壮・収斂・止血薬・補腎・盗汗・頻尿・腰膝の疼痛・月経過多などに用い、疲労回復・腰痛・膝痛などに役立つ。

動画 アダルト動画 ライブチャット