沢瀉(たくしゃ)

 オモダカ科サジオモダカの周皮を除いた塊茎。
 成分は、トリテルペノイド(アクリソールA、B、C、Dなど)、糖類、β−シトステロール、アミノ酸、ビタミン類。
 薬理作用は、抗脂肝(沢瀉末)、四塩化炭素誘発肝障害抑制(ベンゼンアセトン可溶抗脂肝分画)、肝・血中アルコール低下(アリソールA、アリソールA24アセテート、アリソールC23−アセテート)を示し、利尿、止瀉薬として小便不利又は頻数、口渇、胃内停水、目眩・頭痛を鎮めるなどの症状に応用。
 利水滲湿・泄熱(水湿停滞による尿量減少・浮腫・水様便・湿熱による排尿痛)、除痰飲(痰飲による目眩)に用いる。

動画 アダルト動画 ライブチャット