元祖ハ 明応元 壬子 年(1492年) 山崎佐五兵衛
長崎ニおゐて製薬仕候
寛永三 丙寅 年(1626年)江戸米沢町商号四目屋ニテ売弘申候
商号ハ家紋「隅立テ四ツ目」用也候
平成十七 乙酉 年(2005年) 尾張戸山下屋敷内ニテ再開申候


 民族固有の伝統社会が崩壊された今日、伝承しうる先人の知恵は急速に失われています。この状況で先人の知恵を収集し後世に伝承することが課題であり、なかでも「性」について高らかに謳い、商いをしていた四目屋、今顕さねば全てが忘れ去られてしまいます。
 このホームページは独断と偏見のもと仮装店舗として発表したもの、どうぞご来店賜り商品をご購入されますよう願っております。商品単価は参拾弐文、高級品は六拾四文で御座います。

店主 十三代四目屋忠兵衛


 四ッ目の紋所を目印とした両国薬研堀(米沢町)の四目屋忠兵衛、四ッ花菱を紋所とした両国通り吉川町高須屋安兵衛の2軒が元祖を名乗った。
 両国米沢町(中央区東日本橋2丁目)に店を構え、「日本一元祖 女小間物細工所 鼈甲水牛蘭法妙薬(淫具と催淫薬) 江戸両国薬研堀四目屋忠兵衛 諸国御文通にて御注文の節は箱入封付にいたし差上可申候」と宣伝。帆柱丸(危檣丸)・長命丸・女悦丸・きけいし・通和散・肥後芋茎・阿蘭陀蝋丸・嬉開玉露・阿蘭陀長けい香などを販売。四目屋で扱かっていない薬類・性薬全般も四目屋薬と呼んだ。蛇足ながら長命丸は薬舗万春堂春薬を四目屋が継承か盗用し、四目屋を自ら謂う所の「日本一」まで発展させた。
 他に、如意丹・鶯命丹・玉鎖丹・西馬丹・人馬丹・陰陽丹・壮腎丹・得春湯・遍宮春など、価格は32文〜64文(32文=米8合)。




動画 アダルト動画 ライブチャット