山椒(さんしょ)

 ミカン科サンショウ属の常緑低木、雌雄位株。木の高さは3〜5m、枝に鋭い棘が対生。4〜5月頃、5mmほどの黄緑色の咲かせ、緑色の実(直系は5mmほど)は9〜10月ごろに熟して赤くなり、自然にはじけると中の種子が出てくる。
 実・若芽を香辛料として用いる。中国では実を花椒(ホアジャオ)と呼び、古くから香辛料として使われていた。
 実を生薬では蜀椒と呼び、健胃・鎮痛・駆虫作用があり日本薬局方に収載され、苦味チンキ・屠蘇の材料となる。辛味成分はサンショオールとサンショアミド。他にゲラニオールなどの芳香精油、ジペンテン、シトラールなどを含んでいる。


蜀椒(しょくしょう)


 ミカン科サンショウ属アサクラザンショウ・イヌザンショウなどの落葉低木で雌雄異株。成熟した果実を採取し種子を除き乾燥保存。よく熟した赤褐色で大きく、味は辛く香りのよい新しいものが上品。日本薬局方記載医薬品。精油(ディペンテン)、辛味成分(サンショオール)、アルカロイドを含み、中枢神経を刺激して健胃、整腸、利尿作用などがある。
 散寒止痛(寒凝による腹痛・冷え・嘔吐)、駆虫(回虫など)に用いる。


花椒(かしょう)

別名:蜀椒(しょくしょう)・川椒(せんしょう)

 ミカン科サンショウ・イヌサンショウの果皮を干した物。
 温中散寒・除湿・止痛・殺虫・解魚介毒。
 香辛料・健胃整腸(消化器を温め、腹痛・悪心・嘔吐・下痢)に用いる。

動画 アダルト動画 ライブチャット