甘草(かんぞう)

 甘草が野生する地域は極めて広く、ユーラシア大陸の乾燥地帯、シルクロードを被うように分布する。
 益気生津(気虚・津液不足に対し補助薬)、潤肺止咳(咳)、緩急止痛(痙攣痛)、清熱解毒(生甘草にて化膿症)、調和薬性(処方の薬性を調和)に用いる。
 トリテルペノイド配糖体(サポニン)を6〜14%含有し、その代表的成分はグリチルリチン(甘味成分)である。フラボノイドとしてリクイリチン・リクイルゲニン・イソリクイリチン・イソリクイリチゲニンなど、多成分が関係し、消化性潰瘍抑制、胃腸分泌抑制、鎮痙、鎮咳、副腎皮質ホルモン様調整作用(エキス)・抗炎症・脱コレステロール作用・動脈硬化予防作用・抗アレルギー作用(グリチルリチン)を示す。嬌味、鎮咳、去痰、消化器性治療薬、グリチルリチン製造原料とする。また緩下、鎮痛、抗炎症、解毒薬として、痙攣痛、腹痛、筋肉痛、咽喉痛、リュウマチ、関節痛、アレルギー、消化性潰瘍、アジソン氏病などに応用。急な痛みを一時的に緩和するので、常時薬として便利。
 夜中突然激しい痛みを訴えた時、2〜3gを煎じて服用する。収斂性がありトゲ刺り、咽喉炎、咳、痰、声の嗄れなどに、適量の煎液でうがいをすると、喉の痛みがやわらぐ。
 多種の生薬の力をコントロールし、処方の効力を発揮させる力を持ち、漢方処方の7割位に配合、漢方医学治療に甘草無しの治療は考えられない。
 甘草成分「エストロジエン」は、発情ホルモンである。

動画 アダルト動画 ライブチャット