市販淫具「肥後芋茎」は陽根に形どられ、女性の自慰用として販売しているが、本来の肥後芋茎は陽根に巻き付け交合するもの。
 芋茎(結び目付き)をぬるま湯で温め、陽根に巻き淫うと女は随喜の涙。成分はホモゲンチジン酸・粘液質ムチン・蓚酸カルシウムなど、ぬるま湯に浸すと成分が徐々に溶け女性性器を刺激し快感(むず痒さ)を引き出す。

ハ のように、菱を綾取りて巻く可し

 芋茎の巻き方は上図イ・ロ・ハとあり、四目屋忠兵衛は「棹へ巻くに菱形にせよ、菱を綾取りて巻く可し」とハの巻き方を薦めている。ハは抽送摩擦が複雑、中途で外れる恐れも少ない巻き方である。

棹へ巻くに菱形にせよ……狂訓女才学
菱を綾取り手て巻く可し……水火手事巻・前篇
イ……西川祐信・秘戯図、末端を糸で縛り付ける場合もある、抽送時解けやすく拙劣な巻き方。

動画 アダルト動画 ライブチャット